ELM327

車検ついでに、ELM327でトラブルログが見れないか調査。

アプリは「Torque Pro」あたりがメジャーなようで、「OBD Info-san!」や「燃費博士」あたりも使えるかな。(「燃費博士」は燃費機能のみでトラブルログは無いもよう。)2008年頃から国際標準に各社対応したようで、今の車はそれ以前にあたるBP9(2006/11)なので、アプリ適合性が気になります。

PlayStore「Torque Lite (OBD2 & Car)」にて、
「This is the free/basic version - it lets you get a feel for the application and lets you find out if it works with your vehicle / obd2 adapter combination; but may contain some small bugs including not working on some nissan/chrysler/subaru ECUs. The paid version has support for more vehicles and ECU types, looks a lot nicer, and works with more cars / trucks」の記載があります。

PlayStore「OBD Info-san!」の『動作確認済み車両および接続プロトコル』にて、
「接続する車両により必要に応じて設定を変更する必要があります。近年の車両では [Auto Negotiate] 設定で問題ありません。
スバル - SUBARU[ISO CAN 11bit ID P-ADDRESS 0] または [ISO 14230-4 KWP (Fast init)] で通信可能。」
の記載があります。

また、
「OBD Info-san!」の★つれづれ出張所♪の記事によると、
メーカによりかなり方言がありそうです。

よって、 ProtcolはKWP Fastを使っているのは間違いなさそうですが、独自拡張にアプリがどう対応できているかは、試して見ないとわからないようです。

ELM327をAmazonでポチってみたら、17:30注文で「芙蓉激安ショップ(郵送日数:7-15日)」でしたが、お急ぎ便お試しに直前加入したので翌日到着。
「Torque Lite (OBD2 & Car)」、「OBD Info-san! トライアル版」、「Torque Pro (OBD2/Car)¥395」、「OBD Info-san!¥580」で試してみよう。


参考)
http://www.outilsobdfacile.com/vehicle-list-compatible-obd2.php?brand=subaru
によると、「KWP FAST」

http://en.wikipedia.org/wiki/ELM327
によると「ISO 14230-4 KWP (fast init, 10.4 kbaud)」



DTCコードの読み出しや消去に。obd2スキャンツール ELM327◇FS-OB2-BA
ファイアスター

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by DTCコードの読み出しや消去に。obd2スキャンツール ELM327◇FS-OB2-BA の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック