K-9mailでBiglobe MailをIMAP接続

K-9mailでBiglobe MailをIMAPで接続しようとして何度か失敗していたが、
キャリアメール並みに使うため(脱キャリアメール)に本気で再度、設定の見直し。

画像画像

設定の仕方は、 http://support.biglobe.ne.jp/settei/mailer/imap.html にばっちり書いてあるのだが、
パスワードがくせもの。
「BIGLOBEパスワード」と「BIGLOBEメール パスワード」は別物で、「BIGLOBEパスワード」を使う。前はここにハマってたもよう。

画像画像


http://www.koozy.org/android/34 にあるよう「IMAP IDLE(プッシュ)接続のリフレッシュ」は、メールのポーリングではないので、そこそこの設定で良いので、60分にしてみる。

画像画像

設定ができると、POP接続では「受信トレイ」しか扱えなかったものが、Webメールと同一で全てのフォルダが扱えるようになっている。
メール着信すれば、ほとんど間がなく通知されるようになり、便利になった。

別にGmailでも良いのだが、BiglobeMailも使うときがあるので、これで脱キャリアメールできるかも。

・・・うまくいったと思っていたら、送信先でPCメール拒否設定してるみたいで、エラー通知が来るなぁ。
こういう人多いと困る・・・。これspamが多いくせにキャリアメール会社で対策してないからだ。やだな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

K-9mailでBiglobe Mailを
2014年06月04日 14:37
「可能ならSSL/TLSを使用する」は

K-9 Mailの最新版4.904 (alpha)では
https://github.com/k9mail/k-9/releases
選択肢に存在しなくなっているはずです。

最新版を使わなければ良いだけの事なのですが
最新版でも受信可能な設定を追求した方が無難だと考えます。
2014年06月04日 15:19
K-9mailでBiglobe Mail...さん
コメントありがとございます。
最新版4.904 (alpha)は、GooglePlayにはまだUpされていないVerですね。
確認してませんでしたので、見てみます。情報ありがとうございます。
K-9mailでBiglobe Mail..
2014年06月17日 06:29
以前の書き込みに内容が足りていなかったので補足をさせて頂きます。

K-9 Mailの最新版4.904 (alpha)では
4.803 (Stable)に存在している「可能なら」付きの設定が消えています。

可能ならSSL/TLSを使用する(4.803にはある)
可能ならSSL/TLSを使用する(4.904にはない)

将来的にも使える設定にする為と、
正しい設定の方がのちのち困らないと言う理由で

4.803で「可能なら」と付いている選択肢は選択しない方が無難であると考えます。

これが前回の書き込みの詳細内容です。

ではどうすれば良いのか、と言う話になりますので
お手数ですが以下の設定をお試し頂けますでしょうか。

可能ならSSL/TLSを使用する→STARTTLSを使用する
ポート番号 993→143

私はBIGLOBEのメールアドレスを持っていないので
正しく受信出来るかどうかは分かりません。

・「可能なら」付きの設定以外の内容を設定する為
・SSLなし(SSL/TLSを使用しない)のポート番号の方がK-9 Mailでは
より低消費電力でメール受信の待ち受けが可能と言う印象がある為

以上の2点を理由に
「こちらの設定の方が良いのでは?」と
差し出がましいですが申し上げさせて頂きます。

補足の内容は以上です。
それでは失礼致しました。
2014年06月17日 08:04
度々ありがとうございます。
4.904 (alpha)に、
「SSL/TLSを使用する」があるようですね。
https通信の方が安心できますので、こちらが良いですね。
K-9mailで(略)
2014年06月17日 16:35
言葉が足りず大変申し訳ございませんでした。
STARTTLSもSSL/TLSも暗号化の掛かった通信方式です。

STARTTLSは通信開始直後にアプリ側とメールサーバー側との間で
「SSLに対応してる?」「してるよ?」「よっしゃ」と
お互いがSSLに対応している事が分かったら
SSLによる暗号化通信に切り替える方式です。

対応していなければ暗号化なしで通信する事になります。
対応している対応していないはメールサーバー側の仕様によります。

SSL/TLSは最初からSSLによる暗号化を掛けて通信する方式です。

なので対応していればどちらもSSLを使い暗号化を行います。
セキュリティの面では同じです。

この説明が足りず大変申し訳ございませんでした。
以上です。それでは失礼致しました。
2014年06月24日 05:28
コメントありがとうございます。
[可能ならSSL/TLSを使用する]:4.803以降使えない、
[SSL/TLSを使用する]:4.803以降も使える、暗号化決め打ち、STARTTLSより処理重い、ポート番号993(IMAP4s)、
[STARTTLSを使用する]:4.803以降も使える、可能なら暗号化、SSL/TLSより処理軽い、ポート番号143(IMAP4)、
ということですね。
私の環境では[SSL/TLSを使用する]で問題なさそうでした。

この記事へのトラックバック